2011年05月23日

ショッピング枠現金化?

インターネットでしばしば見る「クレジット カードのショッピング枠を現金化」の文字、広告などで見たことがある方は多いことではないですか? これはその名前と同じように、クレジット カードのショッピング枠を利用して金を借りるようなシステムです。

通常、クレジット カードには本来からキャッシング枠がついています。 キャッシング枠を全部使えばそれ以上金を借りることはできませんが、キャッシング枠が一杯でもショッピング枠が残っていればカードでショッピングができます。 それで金権などの商品を買って売るなどして換金してしまえば、結果的にブラックでも融資可能です。

ショッピング枠がヒョンお金になる。

「クレジット カードのショッピング枠を現金化」の大部分は、ショッピング枠でショッピングをさせて、その後キャッシュバックをすることで現金化をしています。 中には時商品をまた買いとることで現金化する業者もいます。 結果、消費者は「クレジット カード枠を使って現金を手に入れた」、ショッピング枠がヒョンお金になる、ということはする。

しかし当然のことであり、カードで買ったの方は後ほど償還することになるから、実質的には金を借りていることだと同じです。

金を借りると話せば、本来それをアップとして行っているのは消費者金融. 消費者金融の金利は20%台が一般的ですが、「ショッピング枠を現金化」では90%だとした故キャッシュバック率を全面に出して、消費者金融より金利が安いというのをアピールしようとしています。

90%のキャッシュバック率ならば、100万円の枠を使って90万円のキャッシュバックを得ることになります。 クレジットカード現金化 店舗だけだと一見「利子は10%? 」と見えます。

しかし、本当にそうですか? 何か問題点はないですか? どこかかかります。

そこで、このサイトでは「クレジット カードのショッピング枠を現金化する商法」にライトを照らして、その構造や問題点を解説して行きます。

現金化は合法かではないのか結論からしてしまえば、存在自体は法に抵触していないために、合法だと話すことができます。

現金化の一連の流れは、

1.利用者(カード所有者)は、現金化業者からカードで商品を買う
2.現金化業者は、利用者に対しキャッシュバックをする
3.利用者は、商品の購入貸金(代金)をカード会社に支払う

現金化 仕組みはこういう感じです。

キャッシュバックと同じように購入者に対しいかなる特典を与えて誘引するのは、不当景品類および不当表示防止法(景品表示法)で規制されています。 現金化業者のキャッシュバック サービスは「もれなく現象型」に該当して、「景品の最高金額は取り引き価額の10%以下」と思われています。 しかし、キャッシュバックは景品に該当しないで「例外」と思われているから、この10%の規制にかかりません。

付け加えようとするなら、キャッシュバックの以外には、ポイント百や割引券での還元、見本、開店記念品なども例外と思われています。

すなわち、現金化サービスは「大家電量販店(家電量販店)のポイント還元と同類(同じ種類)」という見解ができてしまうのです。 慣れてなじんだポイント還元と同類裏面、この現金化も特に問題はないように感じてしまいます。

しかし、通常のショッピングと現金化では決定的に違うことが一つあります。

それは、その商品自体に取り引き金額相応の価値があるのかではないのか、ということはする。

現金化業者が取り扱っている商品の価値は何百円、良くて何千円程度しかありません。 現金化業者は90%近くをキャッシュバックで還元するというために極めて当然のことですが「実際には何百円・何千円程度の価値しかない物を、何十万円も出してカードで生きる」ことがなります。

そのために、現金化には公序良俗違反やカード会社へのクレジットカード現金化 詐欺等、法に外れる行為に連結される可能性が十分にあります。

すなわち、クレジットカード現金化 違法というのではありません。 その合法は票(表)に適合したことで、している内容が法にひっくり返していれば、結局はNGです。
posted by f3itr9r7b1 at 19:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。