2011年05月23日

ショッピング枠現金化?

インターネットでしばしば見る「クレジット カードのショッピング枠を現金化」の文字、広告などで見たことがある方は多いことではないですか? これはその名前と同じように、クレジット カードのショッピング枠を利用して金を借りるようなシステムです。

通常、クレジット カードには本来からキャッシング枠がついています。 キャッシング枠を全部使えばそれ以上金を借りることはできませんが、キャッシング枠が一杯でもショッピング枠が残っていればカードでショッピングができます。 それで金権などの商品を買って売るなどして換金してしまえば、結果的にブラックでも融資可能です。

ショッピング枠がヒョンお金になる。

「クレジット カードのショッピング枠を現金化」の大部分は、ショッピング枠でショッピングをさせて、その後キャッシュバックをすることで現金化をしています。 中には時商品をまた買いとることで現金化する業者もいます。 結果、消費者は「クレジット カード枠を使って現金を手に入れた」、ショッピング枠がヒョンお金になる、ということはする。

しかし当然のことであり、カードで買ったの方は後ほど償還することになるから、実質的には金を借りていることだと同じです。

金を借りると話せば、本来それをアップとして行っているのは消費者金融. 消費者金融の金利は20%台が一般的ですが、「ショッピング枠を現金化」では90%だとした故キャッシュバック率を全面に出して、消費者金融より金利が安いというのをアピールしようとしています。

90%のキャッシュバック率ならば、100万円の枠を使って90万円のキャッシュバックを得ることになります。 クレジットカード現金化 店舗だけだと一見「利子は10%? 」と見えます。

しかし、本当にそうですか? 何か問題点はないですか? どこかかかります。

そこで、このサイトでは「クレジット カードのショッピング枠を現金化する商法」にライトを照らして、その構造や問題点を解説して行きます。

現金化は合法かではないのか結論からしてしまえば、存在自体は法に抵触していないために、合法だと話すことができます。

現金化の一連の流れは、

1.利用者(カード所有者)は、現金化業者からカードで商品を買う
2.現金化業者は、利用者に対しキャッシュバックをする
3.利用者は、商品の購入貸金(代金)をカード会社に支払う

現金化 仕組みはこういう感じです。

キャッシュバックと同じように購入者に対しいかなる特典を与えて誘引するのは、不当景品類および不当表示防止法(景品表示法)で規制されています。 現金化業者のキャッシュバック サービスは「もれなく現象型」に該当して、「景品の最高金額は取り引き価額の10%以下」と思われています。 しかし、キャッシュバックは景品に該当しないで「例外」と思われているから、この10%の規制にかかりません。

付け加えようとするなら、キャッシュバックの以外には、ポイント百や割引券での還元、見本、開店記念品なども例外と思われています。

すなわち、現金化サービスは「大家電量販店(家電量販店)のポイント還元と同類(同じ種類)」という見解ができてしまうのです。 慣れてなじんだポイント還元と同類裏面、この現金化も特に問題はないように感じてしまいます。

しかし、通常のショッピングと現金化では決定的に違うことが一つあります。

それは、その商品自体に取り引き金額相応の価値があるのかではないのか、ということはする。

現金化業者が取り扱っている商品の価値は何百円、良くて何千円程度しかありません。 現金化業者は90%近くをキャッシュバックで還元するというために極めて当然のことですが「実際には何百円・何千円程度の価値しかない物を、何十万円も出してカードで生きる」ことがなります。

そのために、現金化には公序良俗違反やカード会社へのクレジットカード現金化 詐欺等、法に外れる行為に連結される可能性が十分にあります。

すなわち、クレジットカード現金化 違法というのではありません。 その合法は票(表)に適合したことで、している内容が法にひっくり返していれば、結局はNGです。
posted by f3itr9r7b1 at 19:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

「明美ちゃん基金」に寄付金30万円 住田美容専門学校(産経新聞)

 学校法人東京女子文化学園の美容師養成校「住田美容専門学校」(東京都渋谷区、住田知之校長)は19日、難病の子供を支援する「明美ちゃん基金」(産経新聞社提唱)に30万円を寄付した。

 今回の寄付金は、新年会費の積立金の一部。同校では、国家試験を間近に控えた学生たちに配慮し、新型や季節性インフルエンザなどへの集団感染を防ぐために、学校職員らによる新年会の規模縮小と延期を決定。積立金の余剰分を寄付することにしたという。住田校長は「病気の子供たちのために役立ててほしい」と語った。

【関連記事】
59年間ためた1円、5円硬貨 明美ちゃん基金に寄付 東大阪市の川本さん
ギタアリヤちゃん「友達つくりたい」と新年に希望 明美ちゃん基金
明美ちゃん基金 ギタアリヤちゃん3度目の手術終了
心臓病のギタアリヤちゃん、2回目の手術終了
ギタアリヤちゃん「お礼は日本語で」明美ちゃん基金に善意次々

輸入ワクチン、初の特例承認=欧州2社の新型インフル用-厚労省(時事通信)
通常国会召集 冒頭から大荒れの様相 審議日程決まらず(産経新聞)
参院代表質問 「戦って」発言で首相「検察への圧力ではない」(産経新聞)
民主党大会 「全面戦争」連立与党は困惑(産経新聞)
土地疑惑 自民、辞職勧告提出も(産経新聞)
posted by f3itr9r7b1 at 12:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

<ハイチ大地震>医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)

 ハイチ大地震の救援活動のため、北沢俊美防衛相は20日、国際緊急援助隊の自衛隊部隊の派遣命令を出した。地震の被害が依然として極めて深刻な状況で、陸上自衛隊による医療援助隊(医官や看護官など)約100人を中心に、計約160人態勢で医療活動を行う。

 国際協力機構(JICA)中心の国際緊急援助隊医療チーム25人が現在、首都ポルトープランスの近郊レオガンの看護学校で治療活動を行っており、自衛隊部隊が引き継ぐ予定。

 医療援助隊の中心メンバーが所属する広島県海田町の陸上自衛隊海田市駐屯地で20日、出発式があった。援助隊隊長の白川誠1等陸佐は「被災者のご苦労を少しでも和らげるため、日本人の真心をもって人道支援をしたい」と話した。援助隊は21日夜、成田からチャーター機で出発する。【樋岡徹也、矢追健介】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:AMDA代表ら被災者支援に出発
ハイチ大地震:日本の専門料理店で募金 客から支援の声
ハイチ大地震:NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋
日本ハイチ友好議連:支援方針を確認
ハイチ大地震:被災者救援で「外交戦」展開 米国や中国

「将来に不安…」妻と長男殺害の67歳逮捕(読売新聞)
浜松で飲食店全焼、遺体は桑田真澄さんの父か(読売新聞)
鈴木宗男氏、特捜部大批判「検察の暴走」(スポーツ報知)
雑記帳 マンボウ「国内最長寿」目指し 山口・下関(毎日新聞)
落語協会 柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)
posted by f3itr9r7b1 at 04:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。